兄弟喧嘩で暴力は黙認するべき?どこまでならアリ?長女が答えます。

親子関係(子向け) 親子関係(親向け)

「兄弟・姉妹の喧嘩はどこまでならアリなんだろう?」と悩む方や、「手や足が出たら止めるべきなのか?」と考える親御さんは多いと思います。

もし兄弟喧嘩がエスカレートしてどちらかが怪我をしてしまったり、かなりの精神的なダメージを受けたりすることは避けたいですよね。

今お話ししている私の情報をまとめるとこんな感じです。

  • 現在高校3年生
  • 2人姉妹の長女
  • 姉妹喧嘩で数年前までは手や足が出て怒られてた
  • 今はほとんど喧嘩はないが、特に暴力に繋がるほどのことでもなかったと思う

薄々勘付いた方もいるかもしれませんが、結論から言うと基本的に兄弟(姉妹)喧嘩で暴力はナシだと考えます。

本記事では、以下の3つのテーマでお話しします。

  • 兄弟喧嘩で暴力を許してはいけない理由
  • 兄弟喧嘩のボーダーライン
  • 兄弟喧嘩で親が干渉すべきところ

Twitterをフォロー筆者(ぴよめっと)のもっと色々な情報を発信中
リアルタイムで見たい方はフォローしておくといいかもです

スポンサードリンク




兄弟喧嘩で暴力は黙認するべき?どこまでならアリ?女子高生の長女が答えます。

兄弟喧嘩で暴力は黙認するべき?どこまでならアリ?女子高生の長女が答えます。

前述の通り、兄弟(姉妹)喧嘩で暴力はナシです。

それでは、説明していきます。

兄弟喧嘩で暴力を許してはいけない理由

それは、あくまでお互いの関係性は兄弟(姉妹)であり、親でもなんでもないのでしつけなどとは関係ない。ということです。

親がしつけで軽く叩いたり、というのは暴力とは言えないですよね。

まず、暴力という言葉の意味↓↓↓

全ての人間の身体には現実の世界に具体的にはたらきかける能力があり、この能力が他者の意志に対して強制的にくわえられると暴力となる。 暴力は殺人、傷害、虐待、破壊などをひきおこすことができる力であり、また、二次的な機能として強制・抵抗・抑止などがある。

参考:暴力 – wikipedia

また、暴力は人に対してやってはいけないことなので、距離が近いからと言って兄弟間なら許されるのはおかしいです。

一歩間違えると虐待と同じようなことになりますよね。

上の子でも下の子でも兄弟喧嘩での暴力は辞めさせるべきです。

暴力喧嘩だった私たち姉妹の話

私は現在高校3年生、3つ下の妹がいます。

数年前までは毎日喧嘩で、イライラしてほぼ私の手や足が出る、妹が倍で反撃、その倍でまたやり返す、のループでした。その度に母にチクられ、怒られ、の繰り返しです。

母には「自分より小さいのにいじめるな!どう考えても力で敵わないのに手をあげるのは虐待と同じだよ!」と言われていました。

喧嘩の理由は本当に些細なことで、理由を覚えてないぐらいです。でも、お互いに距離が近いから、姉妹喧嘩をストレス発散の場にしてしまうんですよね。

しかし、暴力はいけないことだと頭では分かっていました。自分も虐待されていた経験があるのでその気持ちも分かるはずなのに。

いつの間にか喧嘩も減ってきましたが、今思うと手を出すほどの理由もなかったんじゃないかなぁと思います。なので、兄弟喧嘩で暴力は必要のないことだと思います。そこから生まれるメリットはありません。

どんな理由があれ、暴力はダメ(建前上)

どんな理由があっても暴力はダメだという話をしましたが、子供の意見としては、いじめじゃなくて喧嘩ならたまにはいいんじゃないかなぁ、とも思っています。

自分自身それなら許される、という訳ではなくて、その家庭によって教育方針とかも違ってくると思うし、兄弟・姉妹間の性格も違うと思うからです。

一概に、兄弟喧嘩で暴力は絶対にダメ!と決めつける訳ではなく、それが正解だとは言えません。という話です。

私自身の中で暴力は「良くない」という位置付けになっていますが、その状況によって変わってくることもあるかと思います。




兄弟喧嘩はどこまでなら許していいのか?

兄弟喧嘩はどこまでなら許していいのか?

それじゃあよく分からないし、結局どこまで許すべきなのか?という疑問についてですが、親は兄弟喧嘩での暴力を許すべきではないと思います。

理由は、イラついたからという理由で手を出すのを容認してしまうと、他人にやりかねないからです。
家族以外で手を出したら、犯罪です。

口喧嘩ならセーフ、手が出たらストップ

喧嘩するほど仲が良いとも言いますし、喧嘩自体は放置で良いと思います。

しかし、暴力に発展してしまったり、周囲の迷惑になる程であれば、親は止めに入るべきだと思います。

また、どんなに口喧嘩で済んでいても目に余るような発言であれば叱るべきです。

筆者:ぴよめっと
「うちの場合だと妹がすぐに「死ね!!!」とか言ってくるので速攻怒られてました。(笑)」

そこで親が止めに入る時にはどちらかを怒るのではなく、喧嘩するのは両方に原因があると伝えることが大切です。その上で、これは辞めたほうが良いよ、と伝えてあげると良いと思います。

よくあるのが上の子に「お兄ちゃん(お姉ちゃん)なんだから我慢しなさい!」ですよね。

別に長男・長女は自分で好き好んで一番先に生まれてきた訳じゃないです。なのに理不尽なことを言われても余計に反抗心が沸くだけです。

兄弟間であっても家庭内暴力と同じです

喧嘩をしたからといって暴力を振るっていいことは無いという話でした。

兄弟間であっても、一方的な暴力は家庭内暴力と同じでいじめみたいなもんです。

今の時代は平和ですし、殴り合ってスッキリ→解決なんてこともなかなか無いですし、逆に逆恨みとか怖いですよね。

兄弟間だけで済めばいいですが、もし喧嘩=暴力が癖になって他人に怪我をさせたとなれば、悲しむのは子供自身ですよね。なので、親は兄弟喧嘩の暴力は止めるべきだと考えます。

兄弟喧嘩のルールと親の干渉すべきところ

兄弟喧嘩のルールと親の干渉すべきところ
最後に、今までのポイントをまとめます。

  • どこまでなら親は干渉しないべき?→口喧嘩で済むラインまで。(周囲に迷惑にならない程度)
  • 暴力は発見したら辞めさせる→暴力を振るほどの理由は兄弟喧嘩ではなかなかない。他人に怪我をさせるようになってからでは遅い。
  • 子供自身が気をつけたいこと→どんなに頭にきても暴力はよくない

まとめ

ここまで、兄弟喧嘩で暴力は基本的にしてはいけないというお話をしてきました。

実際に、私たちはあまり喧嘩をしなくなった今になって振り返ると、喧嘩の理由はくだらないものだし、手を出すほどの理由もないと思っています。

兄弟(姉妹)間だと意地の張り合いでムカついてしまうのも分かりますが、そんな時は無視するとか、放っておくとかできるほうが大人だと思います。

筆者:ぴよめっと
「私はこれができないので喧嘩が長引いてしまいます(笑)」

仲良し家族でいられるように、少しの思いやりは大切です!

Twitterをフォローもっと色々な情報をリアルタイムで見たい方向けのSNS

人気記事ガジェットオタクが勧める格安SIM最安8社【ワンコイン、無料あり】

人気記事格安SIMおすすめランキング3選【失敗なし】【実体験あり】