親子関係(親向け)

娘の気持ちがわからないお母さんたち必見!JK娘が思うこと3つ

更新日:

娘の気持ちがわからないお母さんたち必見!JK娘が思うこと3つ
女子高生って何を考えているのでしょうか?

全国のお母さん
「娘の気持ちが全く分からない!まったく、何考えてるのかしら!」

と思うお母さんたち、いらっしゃいますよね?

娘に何を聞いてもちゃんと話してくれない、挙げ句の果てには「放っといてよ!!!」と言われてしまったりなど。

娘の気持ちがわからないまま過ごしていると、親子関係にヒビが入ってしまったりお互いのすれ違いからなんとなく気まずくなってしまったりします。

また、反抗期娘の反抗がもっとひどくなってしまったり、、口を利かなくなってしまったり、、そんなことは嫌ですよね?(^^;;

でも安心してください!お母さんたちが自分を心配してくれているということは伝わってます!

筆者:ぴよめっと
「なぜかって?実際、女子高生の私が思うからです!(笑)」

しかし、それだけでは何も解決しないので、今回の記事では高校生娘の私がJKの気持ちを代弁して、考えていることや思うことをお話ししていきます!

今の高校生が考えることを知って、今まで以上に素敵な親子関係が築けるようになりましょう!

JKの私が思っていることとは?

JKの私が思っていることとは?
女子高生が思っていることとは、簡単に言うと”自分はもう大人になりかけてるんだ!”という自立心が多いです。

大人になりたいけどなりきれない時期

私は高校三年生の現役JKですが、この気持ち、すごく分かります。

自立したいけど判断力的にも内面的にも大人になりきれない、だけど大人になりたい、いやでも大人を頼りたくない、、、。どうしよう!と、沢山考え、もがいている時期です。

まずはそこを知っていただいてから、読み進めて頂きたいです!

大人になりたい、大人の考え方をしたい、いつまでも人に頼ってちゃダメだ!とよく思います!

高校生は考え事で日々忙しいです

今さっき申しましたように、高校生は悩み事がたくさんあり、日々考え事ばかりしています。

※ここでいう”悩み事”は、悪い意味だけではないのでご心配なさらず!(^_^)

友達関係、恋、学校、進路、部活、バイト、好きなアイドルがかっこよすぎる、とか、、、。

本当に、常に考えなければいけないことが沢山あって脳みそが忙しいです。ライブの遠征計画だって私たちにとっては真剣な会議なんです!

今を必死に生きています

親目線からしたらそんなくだらないこと、、、と思うかもしれません!

実際、私自身もお話ししていて”こんなことでJK悩んじゃうのかよ〜(笑)”と思っています!

しかし、私はまだ高校生なので、それを全力で悩む時があるということもよく分かります。

高校生からすると、それが青春の一部であり、人生を全力で生きているつもりなんです!

ですから、そんなしょうもないことで、、、、と思うまではいいですが、本人には言わないであげてください!普通に傷つきます(笑)

「自分達にもこんな時代があったよな〜」ぐらいに思っていてください!

ほとんどが大したことない悩みですので!(笑)

娘を心配して言ってるのは十分伝わってます!

娘を心配して言ってるのは十分伝わってます!
きっと、可愛い娘さんだからこそ、あれこれ気になってしまったり、色々知りたくなってしまうのですよね?

心配する母の気持ちも伝わっている

それがお母さんたちの”心配”から来ているのは、娘の私たちも十分に分かっていますし、伝わっています!

しかし、先ほどお話ししたように”大人になりたい年頃の私たち”ですので、親に対して、「干渉してくる」「しつこい」「ほっといて」という感情が先に出てきてしまうわけです。

子供のことが気にかかって、あれこれ気になる気持ちは分かりますが、もし逆の立場だったらというのを想像してみてください。

いちいちうざいな!ほっといてよ!と思ってしまうでしょう。

たとえ親子でも全てが分かるなんてあり得ない話

いくら1親等である”親子”だったとしても、一人の人間ですので感情の全てを共有できるわけではないですし、ましてやその時に考えていることが分かるなんてエスパーでもない限り不可能ですよね?

あまりにも娘についてあれこれ気になってしょうがない!という方は、もしかしたら過干渉気味なのかもしれません。

過干渉の場合、自分の意思がない子に育ってしまう恐れがありますので、気になる方はこちらの記事も合わせてチェックしてみてください!↓↓↓

 

 

話は戻りますが、高校生にもなると、バイトなどで大人と関わる機会が増えてきます。

そんな中で、大人ぶりたいと思うのは何もおかしなことではないと思いますし、そうでないといつまでも子供のままですよね?

もしかしたら、娘さんも自分一人で考えたい時もあるかもしれないということを頭の片隅に入れておくと、少し楽な気持ちでいられるかもしれません!
親から色々聞かれるのは鬱陶しいと思うかもしれませんが、逆に放っておけば自分から沢山話をしてくれた!なんてこともあるかもしれません!

筆者:ぴよめっと
「私が思うに、お母さんたちにあれこれ言われるのは鬱陶しいけど、何も言われなくなったらそれはそれで寂しいんですよね。」

めんどくさ!と思うかもしれませんが、大人と子供の間を生きているような年代なので仕方がないことなのかもしれません。

親に色々聞かれると、『子供じゃないんだからほっといてよ!』
親に放置されると、『もう私のこと見放したのかな?寂しい、、、泣』

という心情。

私の母は必要最低限しか質問をしてこないので、逆に私は聞いて欲しくてどうでもいいことまで片っ端から語っています!半分以上聞き流されてますが(笑)

もう高校生だから自分で考えさせて!

もう高校生だから自分で考えさせて!

全てのことを自分でやらせて!というわけではないし、困ったら助けて欲しいし、、、。

と、私たち側の気持ちもとても複雑なものです。

先ほどお話ししたように大人と子供の間にいて、自分一人では生きていけないけどどうにかして大人に近づきたいと思うからこそ、あれこれ言われると「うるさいな!!!」となってしまうわけです。

ですので、娘さんのSOSが出るまではそっとしておくことも必要です!

大人になったら一人でどうにかしないといけないことが沢山あるので、可愛い娘だからとあれこれしてあげるのは、子供にとっては全てが良いこととは言い難いかもしれません。

もし本当に大事な決断であれば、最終的に親に相談をする子がほとんどです!(進路とか)

そこで初めて、親のアドバイスが欲しいと思うわけです!

高校で周りの子を見ても、最終的には親にきちんと相談をする子が多いですし、親子関係は順調とは言えないけど親を大切に思う気持ちはあるんだな、という子もたくさんいます!

もしかしたら、あなたが思っているほど娘さんは子供ではないかもしれません!

娘と話す時のポイント

  • アドバイスをしたり、相談を受けた時に、どんなに気に食わなくてもマイナスな言葉から入らないことです!
  • そうすると、私たちは「ほらやっぱり、どうせママに言ったところでこうなるんだ!もう何も教えてあげないもんね!( ̄^ ̄)」となってしまいます
  • それでは>負のループになってしまいます!

本題:女子高生の思っていること3つ

ここで、娘の気持ちが分からない、、、と悩んでいるあなたに、女子高生が思っていることを教えます!

娘の私たちが思うこと3つ

  1. 話しかけて欲しくない時もある!/li>
  2. どうせ言ったところで頭ごなしに言い返されるから話す気がなくなる!
  3. どうせこうだろうと決めつけられるから嫌!

この3つですが、ほとんどが1の”話しかけて欲しくない時”です!

先ほどもお話ししたように、「自分一人で考えたい時に邪魔されたくない!と思うことが多いです。

いつまでもお母さんの手を握ってた子供ではないので、”なんでも相談して一緒に解決”ということは難しくなってくるわけです。

そこは、「娘の気持ちがわからない!」と不安になるのではなく、「そういう時期なんだろうな」と温かく見守ってもらいたいです(^^)

まとめ

ここまで読んで頂き、ありがとうございます!

もし娘の気持ちが分からなくても、そんなに心配しないでください!

最初の方にお話ししたように、悩みが多い高校生ですが、その大半が大したことない悩みに悩まされているのが私たちです!

そんなに心配しなくても、”本気で親が嫌いで何も話したくない!”という子は少ないですし、成長途中ですから仕方がないことだと思って、娘さんを信じてあげてください!

きっと、あなたが思っているよりも素敵な子に育っていると思いますよ!(*^_^*)

 

Copyright© piyoblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.