学生向け

学校を休みたい、サボり癖が抜けない高校生へ。これだけは覚えておいて欲しいこと

更新日:

学校を休みたい、サボり癖が抜けない高校生へ。これだけは覚えておいて欲しいこと

どうしても学校をサボりたい日ってありますよね。サボり癖がついてしまうこともあるの、わかります。めんどくさいからサボればいいや~という思考になりますよね。

しかし、サボることはその反面自分に降りかかるものも大きいです。

結論から言うと、完全に私個人の意見になりますが「自己責任の範囲内でなら休むのはOK」だと思っています。

「学校は行くべきだ」とかそういう綺麗事は何度も言われているので分かっていますよね。
そんな表面だけの話ではなくて、もうどうしても無理なんだという高校生へ、リアルな話をしていこうと思います。

筆者:ぴよめっと
「個人的には中学校は義務教育なのでちゃんと行った方がいいと思います。」

これをお話ししている私はこんな感じです。

  • 現在高校3年生
  • 高校入学してすぐにサボり始める
  • 3年間、今までの欠席日数は50日ぐらい(アバウトですみません)
  • 割と成績は良い方

結構自由にサボっちゃってるので参考になるかと思います。 いい意味でも悪い意味でも。(笑)

本記事では、以下の3つで進めていきます。

  • サボるのはそこまで悪いことじゃないと思う話
  • サボるのは自己責任で。【メリットとデメリット】
  • どうしても学校をサボりたい時

学校にどうしても行きたくない方、軽く登校拒否をしている方は是非記事をご覧ください。

※本記事でお話しする内容は女子高生の単なる私論に過ぎません。
また、学校によって評定の基準とか色々違うと思うので、あくまで参考程度にお願いします。

Twitterをフォロー筆者(ぴよめっと)のもっと色々な情報を発信中
リアルタイムで見たい方はフォローしておくといいかもです

スポンサードリンク




学校を休みたい、サボり癖が抜けない高校生へ

学校を休みたい、サボり癖が抜けない高校生へ

それでは、本題に入ります。

ほとんどの大人はこんなことを言ってきますよね。

  • 学校は行くのが当たり前だから
  • 学ぶことがたくさんあるから
  • 楽しいこともあるでしょ

聞き飽きていることはぶっ飛ばして、サボりたい時にどうしたらいいのかだけ、お話ししていきます。

サボるのはそこまで悪いことじゃないと思う(JK論)

賛同してくれる大人は少ないと思います。が、私はまだ高校生なのでサボっても別にいいじゃん~という意見です。

逆に、社会人になったらどんなに嫌でも仕事だから出勤するしかないですよね。サボれる今のうちにサボっておいた方が得だと思うのが私論です。

ぶっちゃけ、サボったところで他の誰にも迷惑がかからないと思うんですよね。
(私立に通っていて高い学費を払ってもらっているとかなら話は別でしょうけど。)

シフトを組まれているわけでもないし、ただ座って授業を聞いてるだけなのに。

強いて言うなら担任の労働が少しだけ増えることでしょうか?よく分かりません。

みんな辛いのは同じ。とは言うけど、どうしても無理な時もある

まず、サボるのは社会的に見て良いことではないですよね。

私自身、サボりつつもこんな意思弱い自分もダメなんだなぁと頭では分かってはいます。しかし、どうしても無理な日もありますよね。このページにたどり着いたあなたであれば多少は理解してもらえるかと思います。

辛いのはみんな同じだから頑張ろう。とかよく言いますけど、赤の他人が頑張ってるのを見ても何も刺激されないですよね。

部活でもないわけですし。

先生の意見ばかりが正しいとは限らない

結局向こうは仕事でやっているので、本当にあなた自身を思って言ってくれることはほぼないです。

強いて言うなら、親の言うことの方が耳を傾けるべきだと思っています。あなたのことを思って言ってくれている場合がほとんどですからね。

3年間の欠席日数50日ぐらいの私の話

冒頭でもお話ししたように、高校に入学してからかなり休みまくってます。

もともと登校拒否タイプとかでもなんでもなかったのですが、とにかく高校に入ってから学校が嫌いになりました。

しかし、テストだけはちゃんと受けたのと、偏差値を下げて受験をしたので割と成績は良いです。(評定平均4ぐらい)
また、授業中は結構寝てることもあるのですが、なんか成績は悪くないです。

中学校は授業態度とかが大切だったのに対し、高校はテストの点数が重視されるのが理由かなと思います。割と授業受けなくても点数取れるタイプです。

あとは、行事とかはサボらないできたので、やるときはやるけど普段はサボってるみたいな位置付けだと思います。なので、休んでも平気な時とまずい時を見極めて上手く休むのがコツかなという感じです。




しかし、学校をサボるのは自己責任で。これだけは覚えておいて欲しいこと

しかし、学校をサボるのは自己責任で。これだけは覚えておいて欲しいこと

サボることは簡単だし楽ですが、それなりに自分が不利になることもありますよね。

学校をサボる時は自己責任の範囲内でやることが必須です。

メリットとデメリットを考える

圧倒的デメリットの方が多いです。

メリット

  • 楽!これに尽きる

デメリット

  • 成績が落ちる
  • 進路活動で不利になる
  • 先生からの信頼を失う
  • 休みすぎると怒られる
  • ちょっと休んだぐらいで真面目な人にうるさく言われる

深掘りします:進路活動で不利になる

ここが最大のデメリットだと思います。

筆者:ぴよめっと
「私は進路に成績は関係ないので、卒業できればOKって感じで緩めにやっています。」

が、ほとんどの人は進路が大切だと思うので、欠席日数は少ない方がいいと思いますし、成績もなるべく高い方がいいですよね。推薦入試とかになるとなおさらだと思います。

そこは後々自分に降りかかるので、将来をしっかり考えて行動することが大切です。




どうしても学校をサボりたい時は

どうしても学校をサボりたい時は

サボろう。というのが私の答えです。(しかし自己責任で)

行きたくないのに無理に登校しても何のためにもならないですよね。

自己責任でサボるのはアリ(私論)

何度も言ってきましたが、結局最終的に不利になるのはあなた自身なので、よく考えてから行動した方がいいと思います。

あと1日休まなければ推薦で行けたのに、、、なんてことがあったら後悔しても仕切れませんよね。

まとめ

これまでをまとめると、学校にどうしても行きたくない時はある。が、サボるのは自己責任で。ということです。

あとあと後悔してからでは遅いので、後悔ないように適切な判断で楽しい高校生活を送ってください!




Copyright© piyoblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.