格安SIM

格安SIMの支払い方法は3つある。解説します【手数料無料あり】

更新日:

格安SIMの支払い方法は3つある。解説します【手数料無料あり】

格安SIMってどんな支払い方法があるんだろう?

このような疑問について解説します。
 
格安SIMは支払い方法が少ないですが、その中でもお得にポイントがもらえたりするものをお話しします。

本記事の内容

  • 格安SIMの支払い方法は3つ【結論:手数料無料で支払うべき】
  • 格安SIMの支払いにクレカは必要なのか?【100%必要ではない】
  • お得に格安SIMの料金を支払うには?【クレカが最強】

 
私は過去に格安SIMを使用していました。使用してみて、良さもあり、イマイチだった点もありという感じ。また、格安SIMを利用するにあたってかなりググりまくって勉強したので、ある程度の知識・説得力はあるのでは、と思っています。
 
このように、格安SIMの支払い方法について解説をしていきます。

格安SIMの支払い方法は3つ【結論:手数料無料で支払うべき】

格安SIMの支払い方法は3つ【結論:手数料無料で支払うべき】
 
支払い方法は3つあり、以下です。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 口座振替

その中でも、ほとんどの格安SIM会社がクレジットカードのみとしています。
 

ぴよめっと
この中でオススメの支払い方法は、圧倒的にクレジットカード。

 

格安SIMxクレジットカードがお得

口座振替の場合は手数料が発生する場合もあり、月々1,000円ちょっとの携帯料金に上乗せで100~200円かかります。

ぴよめっと
せっかく格安SIMを利用するなら、最低限まで安くしたいですよね。

 
クレジットカード払いが主流な理由は、クレジットカードを持っている=ある程度の支払い能力があると見なされるから。
 
格安SIMは基本的にネット完結型なので、どうしても契約者の顔が見えないですよね。なので、クレジットカードで信頼性を図っているということになります。
 

体験談:クレジットカードで支払いをまとめていた

冒頭で私は過去に格安SIMを利用していたとありますが、当時まだ中学生だったので、親名義で家族3人分をまとめて支払ってもらっていました。
 
クレジットカードのポイント還元率が高ければ高いほど、支払うごとにポイントが貯まります。また、公共料金と支払いをまとめて、母は毎月900~1,000ポイントぐらいをゲット。
 
記事をここまで読んでいただいて、クレジットカードを持っている&クレジットカードが作れるという方へ。
 

ここから先はクレジットカードが何らかの理由で作れない方向けなので、記事最後の お得に格安SIMの料金を支払うには?【クレカが最強】までジャンプしてください。

 

 

格安SIMの支払いにクレカは必要なのか?【100%必要ではない】

格安SIMの支払いにクレカは必要なのか?【100%必要ではない】
 
格安SIMの支払いはクレジットカードがオススメという話をしてきましたが、中にはカードを持っていない方や、高校生で自分のバイト代で支払いたいという方がいると思います。
 
クレジットカードが汎用性が高くオススメなことに変わりはないのですが、何らかの理由でクレジットカードを所持していないという方向けに、デビットカードと口座振込についても解説をします。
 

デビットカードで支払い可能な格安SIM会社4つ

  • 楽天モバイル
  • mineo
  • OCNモバイルONE
  • ロケットモバイル

それぞれで対応しているカード会社が違うので、解説します。
 

楽天モバイル

  • 楽天銀行デビットカード
  • スルガ銀行デビットカード

上記2つが対応。
 

mineo

  • 楽天銀行デビットカード
  • スルガ銀行デビットカード
  • ジャパンネット銀行デビットカード

上記3つが対応。
 

OCNモバイルONE

  • 楽天銀行デビットカード
  • スルガ銀行デビットカード
  • ジャパンネット銀行デビットカード
  • 住信SBI銀行デビットカード

上記4つが対応。
 

ロケットモバイル

ロケットモバイルはデビットカードの使用を制限していません。基本的にどのカード会社のデビットカードも使用可能です。
 

LINEモバイルはLINEPay支払いが可能

LINEモバイルに限って、LINEPay・LINEPayカードでの支払いが可能です。
 ,

LINEPayは、LINEPayに登録したクレジットカードでの支払いになるので、実質クレジットカード払いと変わりません。

ぴよめっと
普段からLINEPayを使う方はいいかもですね。

 
LINEPayカードは簡単にいうとプリペイドカードで、自分でお金をチャージして使えます。なので、LINEモバイルの支払いにLINEPayカードを登録しておくと、そのカードから引き落とされる仕組み。

 

口座振込で支払い可能な格安SIM会社

口座振替が可能な会社はありますが、データSIMのみ可能など条件があるので注意してください。
また、手数料が毎月かかる場合もあるのでそちらも注意が必要です。

  • BIGLOBEモバイル(データSIMのみ対応):手数料200円/月
  • ワイモバイル(全プラン対応だが、店頭での手続きが必要):手数料無料
  • UQモバイル(全SIM対応):手数料無料
  • OCNモバイルONE(データプランのみ):手数料について不明
  • 楽天モバイル(全プラン対応):手数料100円/月
  • mineo(ケイオプティコムのeo光ネットに支払い実績がある、かつ契約者本人のみ可能):手数料無料

 

手数料がかかるのは馬鹿馬鹿しすぎる

口座振替を選択した場合、毎月の支払いにかかる手数料は200円ほど。
 

ぴよめっと
格安SIMの使用料が毎月1,000~2,000円代が基本なので、そこにプラス200円と考えると、結構デカイですよね、、、。

 

もしクレジットカードが作れない場合には、少し手続きが面倒でもデビットカードの利用がオススメ。

 
デビットカードは普段はクレジットカードと何ら変わりなく使えるので、生活が便利になります。
 

お得に格安SIMの料金を支払うには?【クレカが最強】

お得に格安SIMの料金を支払うには?【クレカが最強】
 
最後になりますが、格安SIMの支払い方法は3つあり、基本はクレジットカード払いが多いというお話でした。
 
もしクレジットカードを持てないという方でも、支払い方法はあるので諦めずに携帯料金を節約しましょう!
 
以上が記事の本編になります。
以下はおまけです。
 

クレカの中でも楽天カードが超オススメ

私がオススメするのは楽天カードでの支払いです。
 
楽天カードはクレジットカードになりますが、特徴は以下です。

  • 永年年会費無料
  • ポイント還元率1.00~3.00%
  • ポイント交換で色んなことに使える
  • 楽天モバイル契約の場合、獲得したポイントを料金の支払いに当てることができる

 
公共料金の支払いをカード1つにまとめるとお得。私の母が実際にやっているのですが、楽天カード1つで公共料金の支払いをまとめると、毎月約1,000ポイントが貯まります。(家計によって差はあります)
 
年間にして12,000ポイントですね。かなりメリットがあると思います。

年会費永年無料の楽天カード

Copyright© piyoblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.