ライター

【初級】Webライターは未経験でもなれるのか?【結論:可能です】

投稿日:

【初級】Webライターは未経験でもなれるのか?【結論:可能です】

未経験でもwebライターになれるのか知りたい。

未経験だけど、webライターとして稼いでいく方法を知りたい。

このような悩みについて、webライターを目指す方向けに解説します。
 
結論から言うと、タイトルにもあるように「未経験でもwebライターになることは可能」なんですが、とはいえ「どうしていいか分からない」のが現実。
 
今回は、ライティング歴1年、webライター初月10万円を達成した私が、webライターとしての一歩の踏み出し方を解説します。
ぴよめっと
ライティングに関しては、ほぼ独学でやってきたので、再現性はあるかと思います。

 
ライター業の他にも、ブログを書いたり有料記事の販売等も行っており、最高月収は180万円ほどでした。
 

本記事の内容

  • webライターに特別なスキルは必要ない
  • 私が未経験からwebライターになるまで
  • webライターで未経験から仕事を取るためには?

 
Webライターとして月に数万円でも収入が欲しい、未経験だけど一歩踏み出してみたい、という方は、ぜひ記事をご覧ください。
 

【初級】Webライターは未経験でもなれるのか?【結論:可能です】

【初級】Webライターは未経験でもなれるのか?【結論:可能です】
 
Webライターに、未経験からなった方はたくさんいます。
 

webライターは特別なスキルを必要としない

webライターに必要なスキルは「文章が書けるかどうか」だけ。

 
長文を書くことが苦手な人って多いと思うのですが、そこに関しては心配いりません。なぜなら、書いてるうちに慣れるから。
 

ここで必要なのは、「ですます」が使えるとか、正しい日本語が使えるとか、そんなレベルの「文章が書ける」という話です。

 
そもそも、最初から綺麗な文章が書ける人って、なかなかいませんよね。
 
私も、最初は3,000字を書くのに8時間かかってましたが、今は1時間半~2時間程度で書けるようになりました。

ぴよめっと
これを聞いて、「なんか自分にもできそう」な気がしてきませんか。

 

私が未経験からwebライターになるまで

ライティング歴は1年ほどなのですが、実は「webライター」としては半年ぐらいしか経ってません。
 
そして、数ヶ月前までは高校生だったので、社会のマナーというかフリーランスとしての立ち回り的なものも分からない、完全未経験者でした。
 

それでもなぜ稼げたのかと言うと、行動したから。

 
いつも同じ話になってしまいますが、結局はこれに尽きます。
 
Webライターになるために、何か特別な修行をしたり、お金を払って手厚いサポートを受けたりはしていません。
 

ぴよめっと
ただ、営業しまくって、仕事をもらい、こなしてるうちに1ヶ月で10万円稼いでいただけなんです。

 

そもそも未経験の定義って何?

未経験未経験って言うけど、最初はみんな未経験。

 
これなんですよ。別に未経験だから稼げないとかじゃなくて、未経験でも行動した人が稼げる。
 
最初はみんな未経験からのスタートなので、そこから一歩踏み出すためには「行動してみる」これに尽きるしかないんですよね。
 

webライターで未経験から仕事を取るためには?

webライターで未経験から仕事を取るためには?
 
ここからは、実際にwebライター未経験者が「初めて仕事を取るためにはどうすべきか」という話をしていきます。
 

また、【簡単】Webライターになるには?高校生でもOK【5分で完了】では、ライター初心者が仕事を取るための方法を解説しています。


 

最低限のライティングスキルを身につけよう

まず、大前提として最低限のライティングスキルを身につけましょう。

 
記事の前半では、「正しい日本語で文章が書ければOK」と言いました。
 
確かに、webライターとして未経験から稼いで行くにはそれでOK。
 

さらに、良質なライターを目指していくために「ライティングスキル」を磨く必要があります。

 
ライターの質は、単価にモロに影響します。つまり、ライター未経験者からライター中級者になるためには、ライティングの勉強をしておくといいよ、ってことなんですよね。
 
どうやって勉強したらいいの?って方は、とりあえずライティングに関する本を数冊読んでおけばOKです。後は実践あるのみ。
 

 

クラウドソーシングサイトで提案文を送ろう

ある程度ライティングについて学んだら、次は提案文を送ってみましょう。

 
Webライター未経験者がつまづくポイントは、主にこの「提案文」での営業だと思います。
 
何を送っていいのか分からない、どこまで自分の経歴を話すべきなのか分からない、などなど。
 

答えとしては、「使える実績は全て公開しよう」です。

 
【即戦える】 Webライター初心者の立ち回り 【セコく戦おう】では、実際に私が使っている提案文のテンプレートを公開しています。
(一部有料ですが、本記事よりさらに具体的な内容となっております。)

 

まずは1ヶ月で3万円を目指してみよう

webライター未経験者の目標として、ひとます1ヶ月3万円を目指すのがオススメ。

 
3万円あると、かなり生活に余裕ができますよね。また、webライターとして3万円稼げると、次の目標の5万円・10万円が狙いやすくなります。
 
Webライターに未経験からチャレンジする場合は、まず「ライターの仕事に慣れる」ことから始めてみましょう。
 

webライターは未経験からでもなれる

webライターは未経験からでもなれる
 
ここまで記事を読んで、webライターって未経験からでも割とできそうだな〜と思ったはず。
 
実際に未経験からwebライターに挑戦して、バリバリ案件をこなして稼いでいる人もいますし、他の副業に比べて割と現実的なのがwebライターなんですよね。
 
ということで、今回の記事のまとめをします。
 

  • webライターは未経験でもなれる
  • 必要なスキルは「日本語がかけるかどうか」
  • さらに「ライティングスキル」があると良い
  • 最初はみんな未経験からのスタート
  • まずは目標月3万円
  • 行動した人が稼げる

 
いかがでしたでしょうか。記事内で紹介した提案文のテンプレートを見たい方は、こちらよりご覧ください。
 
ではまた!!!

Copyright© piyoblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.